膝の痛み

膝の症状

膝の痛みを起こす
主な疾患

変形性膝関節症

膝関節の軟骨が加齢と共にすり減ってしまい、骨に直接負担がかかることで激しい痛みや炎症、骨の変形などが生じる疾患です。加齢だけではなく、外傷や筋力低下、肥満、遺伝なども発症・進行の原因になります。
進行すると歩行困難になってしまうため、早めに治療を受ける必要があります。
症状に心当たりがありましたら、放置せずに当院へご相談ください。

主な症状

主な症状初期段階では、階段の昇り降りや立ち上がった時に膝の痛みが現れます。悪化すると平地を歩いても痛むようになり、膝のだるさや腫れ、しゃがめない、正座できない、痛くて歩けないなどの症状が起こります。

変形性膝関節症

膝靱帯損傷

スポーツ外傷や交通事故などで大きな力が膝に加わった時に、その外力の方向に応じて種々の靭帯損傷を生じます。
一般に外反強制により内側側副靭帯が、内反強制により外側側副靭帯が損傷し、また脛骨上端の前内方に向かう外力で前十字靭帯が、後方への外力で後十字靭帯が損傷します。最も頻度が高いのは内側側副靭帯損傷です。
外側側副靭帯を単独で損傷することは非常に稀です。非常に強大な外力を受けると複数の靭帯に損傷が及ぶこともあります。
前十字靱帯とは、膝関節の中にあり、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を結んでいる靱帯です。
スポーツや事故などが原因で、前十字靱帯が傷ついてしまうと膝が不安定になり、あらゆる動作を行う時に支障をきたすようになります。 「ジャンプした後の着地で膝をひねる」「過度な膝の曲げ伸ばし」などの動作をきっかけに発症します。
靱帯は切れると元に戻すのが難しく、手術が必要になる可能性もあります。

主な症状

急性期(受傷後3週間くらい)には膝の痛みと可動域制限がみられます。しばらくして腫れ(関節内血腫)が目立ってくることもあります。急性期を過ぎると痛み、腫れ、可動域制限はいずれも軽快してきます。
しかしこの頃になると損傷部位によっては膝の不安定感が徐々に目立ってくることがあります。これは下り坂やひねり動作の際にはっきりすることが多いです。
不安定感があるままに放置しておくと新たに半月(板)損傷や軟骨損傷などを生じ、慢性的な痛みや腫れ(水腫)が出現します。

半月板損傷

スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあります。
前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。
半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。
原因が様々であるため、損傷の形も様々で形態により変性断裂、水平断裂、縦断裂、横断裂に分類されます。損傷の状態によっては放置すると、さらに関節軟骨を傷めることもあります。

主な症状

膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

オスグッド病

膝の酷使によって膝の下にある脛骨粗面(膝の皿の下辺り)が盛り上がり、痛みや腫れが引き起こされる疾患です。
スポーツに励んでいる小・中学生に多くみられます。 成長期の子どもは大人と比べて軟骨が多くて弱いため、スポーツで何度も引っ張られると軟骨が剥がれ、痛みや腫れを引き起こします。
早い時から安静にして過ごすと治りますが、安静を保つのが難しい場合や、放置してしまった場合は、装具療法や手術などで治す必要があります。そうなると治るまで時間がかかってしまうため、できるだけ速やかにご相談ください。

主な症状

初期症状では、運動した時に膝の痛みが現れる程度で、少し休むと痛みが治るといった特徴もあります。
この症状が現れた時点で、速やかに整形外科へ受診する必要があります。進行すると、膝の皿の下骨が出っ張ったり、膝の皿の下周辺が赤く腫れたり、膝が熱っぽくなって痛くなったりするといった症状が起こります。

膝蓋腱炎

膝蓋骨(しつがいこつ)と脛骨の間にある膝蓋腱が、膝への負担が大きい動作(ジャンプ・キック・ランニングなど)によって何度も損傷してしまい、痛みなどの症状が現れる状態です。
ひざ前方の痛みが特徴で、バレーボールやバスケットボール、サッカー、走り高跳びなどの競技で生じます。

主な症状

初期症状は主に痛みです。膝蓋骨のすぐ下に、痛みが生じるケースが多いです。初めは動き出しや特定の動作を行う時だけに痛みが現れますが、進行すると痛みがひどくなり、あらゆる運動を行っても痛むようになります。
重症化すると、階段の昇り降りや椅子からの立ち上がり時でも、痛みが起こってしまいます。
近年では、膝蓋腱炎の治療に、「PRP療法」や「集束型体外衝撃波治療」が、効果があるということがわかってきました。
当院では、これらの治療を積極的にご提案させていただきます。

PRP療法

集束型体外衝撃波治療

鵞足炎

鵞足炎(がそくえん)とは、膝の内側が痛くなる疾患です。鵞足とは、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、半腱様筋(はんけんようきん)という膝を曲げる筋肉が付着している部位のことで、鵞足炎になると同部位に炎症を起こすようになります。 ラグビーやサッカー、アメリカンフットボールのような横に動くことが多い競技や、水泳の巻き足などを行う方に多くみられます。
また、進級や進学をきっかけに新しい競技を始めたばかりの4~5月や、大会前でトレーニング量が多くなる時期などは発症しやすいです。

主な症状

運動した後、膝下の内側(鵞足部)に痛みが生じます。重症化すると、安静にしていても痛くなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。特に、階段の昇り降りがスムーズにできなくなると言った特徴があります。

アクセスマップ 東京慈恵会医科大学附属第三病院 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル なかなか治らない腱の痛み 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル ロコモティブシンドローム予防 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 東京ドクターズ 骨検 関節ライフ プロフェッショナルドクター 名医を探せ! Medical DOC 再生医療DOC
TOPへTOPへ