整形外科

整形外科とは

整形外科とは、姿勢を維持したり身体を動かしたりするのに欠かせない、運動器の機能障害や外傷などを診る診療科です。
運動器とは、骨や関節、靱帯、筋肉、軟骨、神経などの部分のことです。
首から下の部位全部が対象となっており、完治させる治療はもちろん、痛みやしびれ、動かしにくさなどの症状を和らげる治療にも対応しています。
当院では、大学病院で講師・診療医長として、長年多くの手術を行ってきた院長が、経験やエビデンスを基に診療を行い、それぞれの患者様にあった治療を提案していきます。整形外科に来院される方の多くの主訴が「痛み」です。痛いからといって痛み止めを内服するだけでは治療になりませんし、温熱療法をするだけでは根本的な解決にはなりません。当院では、理学療法士とともに運動器リハビリテーションを行うことで、筋力・柔軟性・関節可動域の向上を獲得することで、「痛み」の根本的な解決を目指します。また、スポーツ外傷に関しては、アメリカンフットボールとサッカーのチームドクターを勤め、大学病院では主に膝前十字靱帯損傷や半月板損傷の手術を行っていた院長の指導のもと、保存療法の方も、術後リハビリテーションの方も、理学療法士とともにスポーツ復帰までお手伝いいたします。
なかなか治らない痛みやしびれ、動かしにくさ、違和感、身体のこわばり、怪我や故障、スポーツ外傷・障害などでお悩みでしたら、お気軽に当院へご相談ください。

このような症状がある方は
整形外科へ

対象部位

  • 背中
  • 股関節
  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 足首
  • 手指
  • 足指

症状

  • 首こり・肩こり
  • 腰痛
  • 筋肉痛・関節痛
  • すり傷や切り傷などの怪我
  • 骨折や脱臼、打撲、捻挫、肉離れ
  • こわばりや違和感、しびれ、動かしにくさ
  • 突き指やばね指、腱鞘炎、手根管症候群などの
    手外科疾患
  • 上肢(腕)や下肢(脚)に起こる運動障害・知覚障害
  • スポーツ外傷・障害・故障
  • 骨粗鬆症
  • 交通事故、労災

整形外科の症状・疾患

痛みやしびれ、しこりだけでなく、身体の一部が動かしにくくなったり、違和感などが生じたりすることもあります。

首こり・肩こり、首や肩の痛み

むち打ち症や寝違えといった頚椎(けいつい)捻挫、頚肩腕(けいけんわん)症候群、頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、変形性頸椎症、頚椎症性神経根症など

肩の痛み・腕が上がらない

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、肩腱板損傷、石灰沈着性腱板炎、肩関節前方不安定症など

肘の痛み

変形性肘関節症、テニス肘 (上腕骨外側上顆炎:じょうわんこつがいそくじょうかえん)、野球肘(離断性骨軟骨炎・内側側副靱帯損傷)、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、肘部管症候群、肘内障(ちゅうないしょう)など

手首の痛み

ガングリオン、ドケルバン病、TFCC損傷、橈骨遠位端骨折など

腕・手のしびれ

頚椎椎間板ヘルニア、手根管症候群など

指の痛み・変形

ばね指(腱鞘炎)、関節リウマチ、突き指(槌指)、デュピュイトラン拘縮、手指変形性関節症(へバーデン結節・ブシャール結節)など

腰・背中の痛み

ぎっくり腰(急性腰痛症)、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、変形性腰椎症、脊椎椎体骨折(圧迫骨折)など

下肢のしびれ

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)など

股関節(鼠径部)の痛み

変形性股関節症、単純性股関節炎、特発性大腿骨頭壊死症、グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)など

膝の痛み

変形性膝関節症、半月板損傷、膝靱帯損傷、膝蓋腱炎、鵞足炎、オスグッド病、離断性骨軟骨炎など

すねの痛み

ふくらはぎの肉離れ、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎:けいこつかろうせいこつまくえん)、脛骨・腓骨の疲労骨折など

足首・足の痛み

扁平足、足底筋膜炎、捻挫、アキレス腱付着部炎など

足指の痛み

巻き爪、陥入爪、外反母趾、痛風、モートン病など

交通事故治療について

交通事故治療について交通事故に遭った時は、例え症状が無かったとしても、整形外科へ一度相談するようにしてください。
事故当日は興奮状態になりやすく、痛みなどに鈍くなる傾向があります。数日経ってから症状に気付くケースは少なくありません。
また、交通事故による怪我は、身を守る間もなく突然、大きなダメージを受けて生じた怪我です。放置してしまうと、痛みが段々ひどくなる恐れがあります。痛みやしびれが長引かないよう、お早めにご来院ください。
当院では、患者様のお話を丁寧にお伺いした上で、必要な検査を行い、症状に合った治療をご提案していきます。
交通事故で多い怪我は「むち打ち症(外傷性頚部症候群)」です。むち打ち症になると痛みやしびれをはじめ、吐き気・めまいなども伴います。
放置する時間が経つほど悪化する傾向にあります。早期発見・早期治療する事で、日常生活に大きな悪影響を及ぼさず、かつ後遺症を出さずに根治できる可能性が上昇します。
受診が遅れると、保険会社との交渉時に辛い思いをしてしまう可能性もあります。「大丈夫だ」と思った時でも、できるだけ速やかに整形外科へ相談しましょう。

交通事故・労災

腰痛でお悩みの方へ

腰痛でお悩みの方へ腰痛は「人類共通の症状」と言えるものです。直立二足歩行で生活する人類は睡眠時以外、上半身の重みを腰が支えています。
接客などの立ち仕事や、デスクワーク・長時間の運転などの座り仕事では、長時間同じ姿勢で過ごし続けるため、腰に大きな負担がかかり続けてしまいます。
そのため、血行が滞って故障が起こりやすくなり、慢性化して長引くケースが多いです。
当院では、辛い痛みをできるだけ早く和らげることを一番に考え、腰痛治療を行っています。日常生活に支障をきたしている時は、ブロック注射やトリガーポイント注射、点滴注射、オピオイドが含まれた内服薬、装具療法など、様々な対症療法の中から患者様の容態に合った治療法を選択していきます。
また、腰痛を解消させるには、筋力や柔軟性を高めるトレーニングも大切です。そのため、日ごろから日常的な動作などに気を付けていくことも必要です。
当院では、国家資格を取得している理学療法士が丁寧に、無理のない範囲でリハビリテーション指導を行っていきます。安心して、お気軽にご相談ください。

装具療法

装具には、スポーツ用品店などで販売されているものと、病院や医院において処方される装具があります。医師により処方される装具にも、既製品のものと義肢装具士が作成するオーダーメイドのものがあります。
主なものには、腰椎装具、膝関節装具、足関節装具、手関節装具などがあり、その他にシューズの中に入れて使用する足底板というものもあります。当院では、患者さんの症状や背景に応じて、最適な装具をご提案させていただきます。

アクセスマップ 東京慈恵会医科大学附属第三病院 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル なかなか治らない腱の痛み 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 ドクターズファイル ロコモティブシンドローム予防 世田谷かくた整形外科 成城学園前院 東京ドクターズ 骨検 関節ライフ プロフェッショナルドクター 名医を探せ! Medical DOC 再生医療DOC
TOPへTOPへ